真性ならカントンなら仕方ない

包茎は仮性・真性を問わず、自力で直せない場合があるそうです。
それは例えば肥満体型で竿の部分が埋まっているとか、
ブツ自体が小さすぎて矯正リングが付けられないとかetc…

 

そういった場合、仮性の場合手術しないでガマン、という
選択もなくはないですが、真性やカントンの場合そうもいきません。
放置しているだけで衛生的に非常に宜しくないんですから。

 

 

真性やカントンの包茎手術でも医療保険が使えるものは
美容整形ではありませんから仕上がりはツートンカラー
傷跡もくっきり、になっても文句は言えません。
それが最も大きな包茎手術の副作用とも言えるでしょう。

 

かと言って美容整形クリニックならどこでもいいかというと、
わざと失敗写真見せてビビらせて色々なオプションつけるとか
手術台に上がってからあれこれ追加するとか、悪徳クリニックも多数あります。

 

具体的にどこと名前を挙げると角が立つのでやめますが、
ホームページはおろか、電話やメールでの問い合わせでさえ
実際に見てからでないと料金の見積もりが出せないというところは
ほぼそのような悪徳クリニックと考えて間違いありません。

 

なのでどうせ手術するなら勧誘してこないところ
かつ無料相談受付をしているところがいいでしょうね。
となると、やはりコスパが高いABCや高いけど丁寧なウエノあたりですかね。

 

包茎