直接的だからこそ危険も大

PDE5阻害薬ってなかなか聞きなれない名前ですよね。

 

これは錠剤の飲み薬で簡単に言うと勃起を助ける薬です。
ただ薬の効果がある間はずっと勃起してしまうとか、性欲が
やたら強くなってしまうといった問題はおこりません。

 

1番有名なPDE5阻害薬がバイアグラです。
バイアグラは興奮剤でもなんでもなくPDE5阻害薬の一種だったんです。

 

他にもレビトラ、シアリスという3種類があり、主にアメリカなどで
使用・販売されています。
それぞれ効果時間や有効成分などが違うので、どれを
選んでも一緒というわけではないようです。

 

仕組みは少々複雑ですが、そもそも陰茎は性的興奮によって
一酸化窒素が放出されます。

 

するとそれによって血管を広げるcGMPという物質が発生して、
血流が促進されることで勃起状態になります。
しかしこのcGMPはPDE5という酵素によって分解されて消えてしまいます。

 

まあ人間はずっと勃起しているわけにはいきませんからね。
勃起を治す成分も体内には必要なんですが、もしこちらの
酵素のほうが優勢ですと勃起不全になってしまうのです。

 

つまりこのPDE5を阻止してcGMPに十分な働きをしてもらおう
というのがPDE5阻害薬です。

 

ですからトンカットアリやマカよりももっと人体に直接的に
影響を及ぼす精力増強剤のようなものなんです。

 

しかしネットでの安易なPDE5阻害薬の入手は危険です。
ネット販売されているPDE5阻害薬の約5割が偽造品だったと
ED医薬品4社合同調査が発表しています。

 

ただの意味のない薬ならまだしも、有害物質や危険な成分が
配合されていないとも限りません。
かといって医者にかかってED治療に踏み切るのは躊躇ってしまう人は
トンカットアリのように安心できるサプリを選びましょう。